学生には難しかった1日1快食ダイエット

大学生の頃,テレビで流行していた1日1快食ダイエットを母親が提案してきました。身長164センチに対して体重が80キログラムを超えていましたので。

夕飯は好きなものを好きなだけ食べてもよいので,朝と昼は黒砂糖2かけらだけを食べ,飲み物は水にするというものです。糖尿病の人はできないということでしたが

まだ20代も前半でしたので気にしませんでした。正直,効果は感じられませんでした。テレビの特集で回を重ねるうちに,好きなものを好きなだけとは言っても結局は野菜を

たくさん特に食事の初めに食べなくてはならなかったりして炭水化物好きの私はがっかりしました。

現在話題になっている糖質制限ダイエットと似ている部分でもありますが,白米好きの私はお代わりせずにいられませんでした。

大学に通っていたため,昼食は友人と取ることが多く,そうすると黒砂糖だけというわけにもいかず,母の作るお弁当を持って行っていました。

結局生活スケジュールとダイエット法が噛み合わず,途中でやめることになりました。